TeaGarden

趣味や旅行についてのお役立ち情報ブログ

レジンでの作品作りに必要な道具1

レジンに必要な道具

これからレジンを始めようと思っている人へ向けて、レジンでの作品作りに必要な道具をまとめてみました。

UV/LEDライト

レジンは太陽光でも硬化しますが、ものすごく時間がかかるのでライトは必需品です。(ジェルネイルのライトと同じものでOKです)

 

私が使っているのはこちら

『SUN5S UV LED LAMP 48W』

タイマーは60秒・30秒・10秒の3種類あり、ディスプレイに残り時間を表示してくれます。

レジンでは使いませんが、ジェルネイルをする際、徐々に光を当てることで痛みを抑えることができる低ヒートモードも搭載されています。

また、人感センサーがついていて、手や作品を入れると自動でライトが付き、カウントアップしてくれます。

底板はマグネット式で外せるので、大きいレジン作品の時は外して台に乗せて硬化ができたりと使い勝手抜群です。

ライトは本当に種類が豊富で迷いますが、お値段もお手頃だしライトを換える必要もないので本当におすすめです。

 

レジン液

レジン作品を作るにあたって一番お金がかかるのがレジン液。

たくさん必要なのにちょっとしか入っていなかったりして買う頻度が高いです。

なので私の場合、練習用と販売用で分けて2種類のレジン液を使っています。

レジン液を選ぶ上で大事なポイント

1.透明度が高い

透明度が高くないと光に反射してガラスのような綺麗なレジンになりません。

2.匂いが少ない

レジン液は石油原料なので、匂いがきついと気持ち悪くなります。
完全に無臭のものは存在しないので、なるべく匂いが少ないものの方がいいです。

3.気泡が入りにくい

100均のレジン液などは気をつけても必ず気泡ができます。
気泡があるまま固めると作品の表面が凸凹になったりするので、なるべく気泡ができないものの方がおすすめです。

 

これから紹介する2つのレジン液はどちらもこの3つのポイントを満たしているものなので安心してください。

おすすめのレジン液

まずダントツでおすすめなのがPADICO(パジコ)の『星の雫』

ちょっと値段が高めなので、私は販売用の作品にのみ使用しています。

レジン液は性質上どうしても多少黄変してしまいますが、星の雫は透明度抜群で時間がたっても黄変しないのです。

基本は25gですが、100gや200gなどお得な詰替用も販売されており、25gボトルのノズルがそのまま装着できるようになっています。

 

次に自分用や練習用に使っているのがこちら。

リュミエラの『UVクラフトレジン液』

65gも入っていて1,000円前後とコスパ抜群!

粘度が『ぷっくり・スタンダード・さらさら』の3種類あり、レジンの練習に最適です。

透明度も高いのでプロの方も愛用者が多いそうです。

 

レジン液で迷っている方は、まずリュミエラで練習してから星の雫を使ってみるのがおすすめです。

 

シリコンモールド

レジンでの作品作りに欠かせないのが、レジンの形を作るためのシリコンモールド。

ネットでもたくさん種類があるので、好きな形のものを購入してください。

ただ物によっては表面がガタガタになったりするものもあるので、レビューなどを見て選んだ方がいいと思います。

 

球体を作りたい時におすすめなのはPADICO(パジコ)のシリコーンモールド<球体>』です。

サイズは12mm・16mm・20mmがあります。

パジコのモールドはコーティングなしで筋のないつるつるの球体が作れます。

そしてモールドが柔らかいので取り出すときに力がいらず、つるんと出せます。

球体の作り方はこちらの記事に詳しく書いてありますので参考にしてください。