TeaGarden

趣味や旅行についてのお役立ち情報ブログ

長距離バスや長時間フライトにおすすめグッズ!持っていくべきもの6選!

旅行に持って行くべきもの

旅行や出張の長距離バスでの移動や長時間のフライト、疲れますよね。

少しでも快適に過ごすことはできないかと、今まで色々なグッズを試してきたので、今回おすすめの持ち物についてまとめてみました。

 

1.アイマス

移動中に寝たい場合は必需品です。

アイマスクは100均で売っているものでも十分ですが、私が使っているのはこちら。

アイマスク 立体型 軽量 遮光 安眠マスク』

立体構造になっているのでフィット感が良く、鼻の隙間からの光を完全に遮断できます。
バックストラップの長さが調節できるのでズレにくく、耳も痛くなりません。
柔らかく通気性もいいので、夏でも快適に過ごせました。

 

2.耳栓

アイマスクと同様、移動中に寝たい場合は必需品です。

イヤホンでも代用できますが、防音性が低かったり耳が痛くなったりするので、この機会に買ってみるのもいいと思います。

今まで色々な耳栓を試しましたが、特におすすめなのがこの『サイレンシア・フライトプラス』。

フライトに特化した耳栓で、気圧調整機能・遮音性能がついていて、耳へのフィット感も抜群。長時間つけていても痛くなりにくいです。

女性やお子様用のサイズもあります。『サイレンシア・フライト・エアー Sサイズ』

 

バスの場合は気圧調整機能のないこちらの『サイレンシア レギュラー』と『サイレンシア Sサイズ』。

サイレンシアシリーズは持ち運び用のケースもついているので便利ですよ。

 

3.フットレスト

長時間座っていて一番辛いのが足です。
放っておくとむくみで足がパンパンになり、エコノミークラス症候群にもなりかねません。

エコノミークラス症候群とは

窮屈な座席で長時間同じ姿勢のままでいると、血の流れが悪くなり血管の中に血のかたまりが作られ、そこに痛みや腫れが生じることがあります(深部静脈血栓症)。血のかたまりがはがれ、肺の血管につまると、胸が痛い、呼吸が苦しいなどの症状をおこします(肺塞栓症)。肺塞栓症は、程度が重いと死亡する可能性もある重大な病気です。

出典:FORTH|お役立ち情報|怖い!エコノミークラス症候群

 

フットレストはリラックス効果もあり、足(足裏)やふくらはぎを乗せるだけでエコノミー症候群の予防に役立ちます。

なのでフットレストは絶対に持って行った方がいい!と断言できる必需品グッズです。

 

フットレストは様々なものが売られていますが、私がおすすめなのはこちら。

『SZHTFX フットレスト

テーブルなどに引っかけて使うタイプのフットレストです。

折りたたみ式で収納袋もついており、持ち運びに最適。

そしてセパレート式なので両足がくっつくことがありません。←これ大事です。

足を乗せる部分も幅広設計なので、男性でも余裕をもって使えます。

長さも調節可能で、足裏・ふくらはぎどちらにも使えますし、場所を選ばず快適に過ごせますよ。

 

もうひとつおすすめなのは置き型タイプのフットレスト

フットレスト 足置き 自給式エアポンプ』

使い心地は引っかけて使うタイプより断然いいです。
足を乗せたりあぐらをかいたりもできます。小さいお子さんがいる人にもおすすめです。

空気は軽く押せば入る仕組みになっているので、膨らませるのも簡単。
しまう時も空気を抜けばコンパクトに収納できます。

ただ足下に置いて使うものなので、1人の時に通路側の席で使うと窓際の人が出れなくなってしまうので、使うときは場所を選びましょう。

 

4.ネックピロー

なかなか合うものが見つからず、首を痛めたりしてネックピローが苦手だったのですが、ついに見つけました。

『コンサイス スリーピーピロー ネイビー』

長距離移動のお供には絶対これです。

最初はちょっと固いかなーと思ったのですが、首につけたら抜群のフィット感!

低反発ウレタン素材でネックピローによくある圧迫感が全くなく、ぴったりフィットしてくれます。

東急ハンズなどにも置いてあるので、是非試してみてください。

 

5.充電器

最近のバスや飛行機には必ずと言っていいほど、コンセントやUSB電源がついています。

手持ちの電子機器でネットやゲーム、動画を見たりする人は充電器を忘れずに持って行きましょう。

コンセントとUSBどちらにも対応できるよう、変換できるこちらの充電器をひとつカバン入れておけば安心です。

 

6.乾燥対策グッズ

ご存じない方もいるかもしれませんが、飛行機の機内は基本的に湿度が20%以下、と大変乾燥しています。
旅行や出張前に体調を崩すことのないよう、乾燥対策が大事です。

まずエアコンの向きを直接風があたらないように調整しましょう。

女性の方はできればメイクを落として搭乗し、化粧水をこまめに塗るなどすると肌の乾燥が防げます。

 

おすすめ乾燥対策グッズ

  • マスク
  • ハンドクリーム
  • リップクリーム

  

まとめ

とりあえず最低限これだけは持っていって欲しい!と思うグッズを紹介しました。

皆さんが少しでも快適に過ごせますように。またいいものを発見したら追記します。